性転換手術経験者の意見に基づいたきめ細やかなアテンド

FINEBLUE(ファインブルー)のアテンドは、実際にタイで手術を行なった経験者の意見を十二分に吟味し、そのとき感じた不安や不満を感じさせないようなアテンドを行ないます。 海外で、一番不安に思うのは、意思の疎通ができるかという、いわゆる言葉の問題です。 近年タイの病院には、日本語の通訳がいて、多少は通じますが、お客様専属の通訳ではなく、多くの方が来院される中で一人しかいないため、手術前の診察時など、主要なところしかいません。 特に手術後に病室に戻ってからは、日本語は通じない看護婦とのやり取りになってしまいます。 また、普通の旅行とは違い、手術を行なうので、不便なことや不安は、どんな方でも感じます。 特に手術後は、痛みと不自由さで、誰かにいて欲しいと誰でも感じます。 FTMの方は、手術が複数回に分かれているので、1度でも行ったことがある方は、どれだけ不安や不便を感じるかはわかりますが、初めての方や、MTFの方は、不安だと感じるその感覚が今は判らないと思います。 アテンド会社を使う価値は、保障が充実しているかだけではなく、滞在中にどれだけ不安が無く、頼んで良かったと感じていただけるかと言うことです。 FINEBLUE(ファインブルー)では、実際にタイで手術を経験した方々のご意見を元に、本当に必要なアテンドサービスを行ないます。 FINEBLUE(ファインブルー)には、当事者も非当事者もおり、いろいろな角度からいろいろな意見を出し合って、本当に助かるアテンドとはどういうサービスなのかを日々追及しております。 FINEBLUE(ファインブルー)に任せて良かったと、必ず思っていただけるようなアテンドを行なっていますので、ぜひ安心してFINEBLUEにお任せ下さい。

日本人スタッフによる誠実で暖かみのあるアテンド

FINEBLUE(ファインブルー)のアテンドスタッフは、日本人スタッフが行ないます。 お客様のほとんどは、日本人ですので、FINEBLUE(ファインブルー)のスタッフも日本語のわかる外国人ではなく、勝手のわかる日本人がお客様との応対をさせていただいております。 言葉だけでは、伝えきれない【気持ち】【心】【誠実】を、できるだけくみ取り、付き添いではなく、FINEBLUE(ファインブルー)のスタッフがお客様をおもてなしできるようにしております。 言葉の通じない場所で、寂しさを感じることが無いように、またもし感じてもその寂しさを癒せるように、FINEBLUE(ファインブルー)では努力しております。 タイ語を話すことができる日本人がお客様をご担当し、十分に気持ちまで汲み取り心地よいアテンドサービスを目指しています。